仕事と治療と

乳がんになったとき

自分の仕事を今後どうするのか

人事に相談しました。

 

人事からは

これまでも

社内に「がん」になり

復帰した人は何人もいること。

休職した人も

働きながら治療した人もいるということ。

 

おそらく

休職した人は

まずは治療に専念し、

復帰しようと考えたのでしょう。

 

また働きながらの人も

今は抗がん剤の副作用の薬の開発も進み

両立がある程度可能ということもあり

多少は仕事のペースは落としつつも

担当の職務を遂行したいという思いもあるでしょう。

 

どちらも優劣・良し悪しはありません。

 

私は後者を選びました

(年間スケジュールを見て

治療中に穴をあける訳にはいかないというのも

ありました)。

 

仕事しながら治療を続けて

いろいろとへこたれていることを

ここに綴って申し訳なく思っています。。。

治療中の心の揺れと思っていただければ。

幸いです。

 

また

会社の人たちには

改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

元気になってなんらかの形で

恩返ししたいと思います。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

広告を非表示にする