読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Julie Dobbsさんの「がんと闘う」ヒストリー

お手本にしたい 思ったこと・感じたこと

先日、外国の方の

がんと闘う経過が示された動画を

共有しました。

keileex.hatenablog.com

 

今回はその第二弾!

アメリカの28歳の女性(フリーランスのスポーツキャスター)

Julie Dobbsさんの動画を紹介します。

 


Diagnosed at 28- my breast cancer journey so far

 

12分にもわたりますので、少し解説しますね

(かなりテキトーな解説ですが・・)。

スポーツキャスターとして

そしてプライベートでは素敵なボーイフレンドがいて

とても充実した生活をしていたJulieさん

(数字は動画の時間を示しています)。

0:56 

しかし彼女は胸にしこりのようなものが

できていることに気が付きます。

そして診断を受けたところ右胸に大きな腫瘍があることが発覚。

7x5cmの大きさで、どんどん大きくなっているとのこと。

1:26

ショックではあったものの、とにかく治療を前向きに進めようと決意。

すぐに抗がん剤治療に入ります。

多くの友達の励ましの元、迎えた初めての抗がん剤

1:59 

その時の動画。そして「健康に過ごそう」と決めます。

3:38 

ボーイフレンドのお母さまも丁度5か月前に

乳がん治療を終えたところだったようです。

家族にがん患者もいないのにどうして乳がんに?といった心境。

4:38 

アイスホッケーのセレモニーでJulieさんが乳がんと

闘病していることが紹介されます。

5:50 

髪の毛については結局剃ってしまいました。仕事の時はウィッグで。

6:49 がんがだんだん小さくなってきました。

7:25 

サンクスギビングディの日。

ボーイフレンドからプロポーズを受けます!

7:49 

抗がん剤治療、辛いときもあります。しかし、結婚式の準備も進めています。

8:30 

スポーツキャスターとして治療中も働き続けています。

9:34 

8ラウンド5か月にわたる抗がん剤治療が終了(最後の抗がん剤)。

そのお祝いをしました。

9:57 

手術は成功。
10:52 

髪の毛は復活。
10:55 

がんは無くなったとのこと!

抗がん剤ががんを全部退治してくれたようです。

放射線治療が次に続きます。結婚式もすぐ。

がんを克服できて本当に幸せに思っています

←羨ましい・・・

私もそうなりたい。。。。

 

なんだか励みになりますね。

しかし、抗がん剤治療中は

彼女のように明るい方でも

やはり「ブルー」な期間はあるようですね

(だって辛いですから!)。

 

キャスターの仕事を

治療中も続けられていたのは

すごいと思いました

(簡単なことではないと思いますよ)。

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村p>