読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療中のがんの挙動・・・

ドセタキセル療法1クール目が

まもなく終わろうとしています。

 

抗がん剤を点滴した夜は

体中で化学反応が起きているように

感じました。

大量の汗をかきました。

 

と、胸のがんを触ってみると

とても小さくなっていました

(無くなった感もありました)。

翌々日、ジーラスタ注射の際に

診察を受けるのですが

先生にもその状態を見ていただきました。

 

そして今三週間目が終わろうとしています。

気のせいか、またがんが大きくなっているようにも

思います。

体調はすこぶる良く、

抗がん剤が体から抜けている?状態。

がんにとっても、成長しやすい

時期なのではないでしょうか???

 

私のがんは

女性ホルモンを餌にして大きくなるタイプなので

せめてこの時期は

女性ホルモン分泌を極力おさえる方法は

ないかなと画策中です。

 

やはり食べ物でしょうか。

乳製品を控えるとか・・・。

大豆製品もこの時期控えよう。

 

和食と中華を中心とした

食生活にするなど・・。

 

先生に相談したところで

「心配はないですよ」と言われるだろうけれど

私にしかわからない体の変化というのも

あると思います。

 

気を付けようと思います。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村