ドセタキセル2クール目 まとめ

11/7に二回目のドセタキセルの点滴を受け

今日がクールの最終日となります。

 

この3週間は大きな仕事が入っていましたので

どうなることかと思いましたが

概ね副作用は少なく

ブログを振り返ってみても

ドセタキセル7日以降は、

治療の経過というよりも、ただの(?)徒然ブログに

なっていました。

 

さて、纏めです。

■■当日■■

点滴はリクライニングチェアで実施しました。

アイスノン等で手を冷やすのですが、

案外とモノを置くスペースがなくて

腕を曲げての点滴。

薬剤師さんが

「腕は曲げないほうがいいかも・・」と

言われていたように記憶。

しかし、曲げないと、手が冷やせないという状況でした。

 

病院の待ち時間も点滴中も寝ていたので

夜眠れなくなるというハプニングが。

keileex.hatenablog.com

眠れないと翌日の仕事が辛いのを分かっていましたから

焦りました。

 

■■ジーラスタまで(ドセ2・3日目)■■

副作用は全くといっていいほど

ありませんでした。

点滴、うまく入ったのかな~と心配に。

ジーラスタを受ける時に先生にその旨相談したら

「よかったじゃない、副作用がなくて」との返答。

keileex.hatenablog.com

 

■■ジーラスタを受けてから7日目まで■■

ジーラスタを受けるや否や

疲れと腰の痛みに悩まされました。

これってジーラスタの副作用?とも思いました

(次回はジーラスタを受けない予定)。

keileex.hatenablog.com

そして6日頃から皮膚に変化が!

右手の甲がしもやけみたいにかさかさに。

keileex.hatenablog.com

 

急きょ、焦って家にあるリンデロンで対応。

keileex.hatenablog.com

リンデロンは先生から処方されたものではないので

結局使用したのは7日目のみ。

後は、尿素入りのクリームで対応。

今のところ、悪化はしていないけれど、荒れている・・

という状況です。

 

■■ドセ2クール21日目まで■■

特記事項なし・・といった感じです。

懸念していた発熱もなし。

 

普通に生活できましたので、

過食したり夜更かししたり

(その反動で異常に眠い時もあり)

病状悪化しないかしらという生活を

送りました。

 

よくドセタキセルの副作用といわれる

爪の変形・むくみ・味覚障害・便秘は

ほとんどなかったように思います。

食欲が増して、体重が1kgほど増えたので

こちらは気をつけねばいけないかなと思っています

(胃の不調も・・食べ過ぎのせいかな)。

 

ドセタキセルの副作用は蓄積性ということで

クールを追うごとに重くなるといわれています。

ということで、気を緩ませずに

明日もアイスノンセットを忘れずに持って

治療に臨む予定です。

 励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村