はじまりのはじまり・・・ちょうど6か月前

今日は母親の

6か月後検診の日。

 

******************

母親は肺がんの疑いがあり

1年ほど前から病院にかかっていました。

各種検査ののち、

丁度6か月前に

「肺がんの可能性は少ないから

半年後にもう一度検査に来てください」と言われた日。

 

その日は私は年休をとり、母と一緒に病院に

行きました。

通常はとても混んでいる病院なのですが

その日は閑散としており

午前中の早い時間に診察が終わりました。

 

午前中に終わったのであれば

ちょっと気になっていた

乳がん検診に行ってみよう・・・。

これが私の乳がんストーリーの

はじまりのはじまりだったのです。

 

一旦母と家に帰った後

近くの小さな総合病院に

(平日は午前のみ受け付け)。

そして

「乳がんの疑いがあるので

検査の予約を入れておきます」という

ショッキングな告知を受けたのでした。。

 

6月15日でした。

梅雨のどんよりした日だったように

記憶しています。

 

その日は誰にもこの告知?については

話さなかったなあ。

乳がんのはずはないと思いました。

厭な1日だったことは確かです。

*******************

 

それから丁度6か月経つのですね。。。

今日も母を病院まで連れて行きましたが

「あの時、不思議と治療が早く終わって

乳がんの検査が出来て良かったよね」と

母からもしみじみ言われました。。

 

ちなみに今日の検診は

通常通り(?)

待たされに待たされて

終了したのは午後でした。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村