ドセタキセル中発熱とは無縁なのは・・ジーラスタのおかげかも・・

ドセタキセルをはじめた頃・・

3日目くらいから発症する

筋肉痛や腰の痛みはジーラスタのせいと

思っていました

(点滴の翌々日に、白血球低下を防止するために

ジーラスタの注射を受けます)。

keileex.hatenablog.com

 

ジーラスタを何度もやめようと思いました。

しかし、結局4回とも注射を受けることに。

ですから

3日目くらいからの筋肉痛云々と

ジーラスタの関係は

自分としては分からないのですが

他の方のブログなどを見ると

ジーラスタを受けなくても

3日目頃から腰痛や筋肉痛は現れるようです。

 

さらに他の方たちの

ブログを見ると

多くの方々が

ドセタキセル療法中発熱されています

(ジーラスタは受けていない様子・・)。

しかし

発熱はありませんでした

(1クール目に1回発熱していました)。

keileex.hatenablog.com

 ただ、その1回のみ。

 

となると、初期の頃は

ドセタキセルの主要の副作用を

ジーラスタのせいにしてしまいましたが

実はこれらはドセタキセルのものであり

ジーラスタは

白血球を低下させない働きを

かなりの部分担った。。とも言えます。

 

現在最後のクール真っ只中。

このまま発熱も風邪もなく

終了してくれたらと思います。

 

ちなみにドセタキセル中も

私の周りでは風邪やインフル、ノロの

流行りはありました。

しかし、私は無事

乗り切りました。

1回目の発熱を除いては。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村