にんじんジュースを美味しく感じるのは味覚障害の結果???

12/20の最後の抗がん剤にて

「皆さま、終了いたしました!

ご支援をありがとうございました!」と

長い抗がん剤生活の

幕を閉じるはずだったのですが

 

4クール目となる今、

こんなにも副作用に悩まされるとは

思ってもいませんでした。

ドセタキセル2クール目などは

「楽勝!」と思っていましたので

甘くみていました

(先生たちからも3クール目くらいから

大変になるよ・・とは伝えられていました)。

 

味覚障害がつらいですね。

ACの時もあったのですが

今回のほうが辛く感じます。

 

夫も子供も帰省した今日。

「なにか」は普通の味として食べれるだろうと

試行錯誤中です。

 

にんじんジュース。

これが美味しいのです。

味覚障害の結果、美味しいといったところでしょうか。

 

その他

手作りカレー

ごはん

レーズン

納豆

コーヒー

お米のマフィン

などトライしましたが

ずばり美味しくありません。

 

ご馳走を食べても

もったいない・・・としかいいようがありません。

 

明日は実家から

「有名なお蕎麦を弟が買ってきたから

食べにおいで」と誘われていますが

とっても苦そうな予感がして

辞退しようかとも思っています。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村