読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美人やハンサムな先生って・・・

病院にいると・・・

看護士さんから

●●先生は美人なんですよーなどという

話を聞きます。

 

病院の先生ということで

世の中では希少価値ですが

さらに外見で希少性が増すということなのでしょうが

 

この年になると外見はいいかなあなんて思います。

先生に求めることは

正しい判断と腕(特に外科医の先生)。

そして親しみやすさはその次かな。

親身になってくれる方。

外見は基準の中には入りません。

 

だから

●●先生はハンサムとか言われても

本当に答えに困ってしまいます。

「確かにハンサムですね」と返しますが。

 

胸などいろいろ晒してしまうので

先生はできれば女性がいいですね。

ベテランの男性の先生も安心です。

 

私の担当医は

若い男性と女性の先生。

女性の先生はしっかりしていてチャーミング、

(さぞかし優秀なお子さんだったのでしょう・・・という

雰囲気を持ち合わせています。

優秀なお子さんって、独特のオーラ出しているじゃないですか。

それがまだ残っているような)。

てきぱきと説明いただきます。

母親が「説明が分かりやすい」ととても気に入っています。

男性の先生はどうやら腕が相当良いそうです。

経験も豊富とのこと。

 

良い先生に巡り合えたと思っています。

 

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村