鎮痛剤は使うべきか否か~状況によりますが使ってよし

右胸全摘、リンパ節郭清、お腹の肉による同時再建・・・を

2/7に実施。

約1週間経ち、一番痛みを感じるのはお腹の

手術跡。

今、歩行器なしで病院内をうろうろ歩いていますが、

背筋を伸ばそうとしようものなら、激痛が走ります。

しかし、鎮痛剤を飲めばその痛みは消え、

真っすぐな体勢で歩けます。

 

鎮痛剤はいいのか悪いのか、いまいちど明日

先生に問う予定なのですが

 

ひょっとして鎮痛剤を飲まずに

痛くならない体制(腰を曲げて歩く)をすることで

傷の治りを速めたほうがいいのか

(こちらのほうが傷の治りが早いのか?)

それは関係なく、鎮痛剤を飲んで

颯爽(?)と歩いていいのか

悩むところです。

 

目標は「万全な状態で退院する※」なので

このあたり、しっかり確認したいと思います

※目標は短い入院生活改め、

次の土日に退院する・・・です。

平日に退院しても、帰る車も人手もないことに気が付きました。

 

【回答】

回答を得ました。

痛みがマックスにくる前に鎮痛剤は飲むべし!でした。

つらくてベッドで寝ているよりも、痛みを緩和して

病院内を歩く・・等のほうが治りも早いようです。

ただし、痛んだ時はどこだったか、いつもと違う痛みはないか・・などは

覚えておいて、様子を先生に伝える必要はあるとのことでした。

 

ところで、最近

午後の紅茶レモンティーにはまっています。

病院の自販機で買うことができます。

 

病室が温かく、喉がすぐ乾いてしまいます。

無料で暖かなお茶を飲むことができるのですが

喉の渇きに効果的なのは

だんぜん「午後の紅茶」。

甘いからでしょうか(また甘さの罠にかかってしまったか・・・)。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村