退院の翌日・・新しい日課に慣れよう

全摘+自家組織(お腹の脂肪)による同時再建+リンパ節郭清。

がんが治るためあるいはQOLの向上のためとはいえ

相当の負荷が体にかかりました。

 

そして体を普通に戻すための「新しい日課」も与えられています。

とにかくそれらを覚えて

歯を磨くように毎日の習慣にしたいと思います。

 

①リハビリ体操

昨日も紹介しましたが、

↓こちらの後半にある、リハビリ体操をメインに行います。

 乳がん手術後(治療後)の注意点

術側の腕がきちんと上に挙がるようにする・・を目標とします。

会社でも実施。

 

リンパドレナージュ

 リンパを取りましたから、

行き場がなくなったリンパ液が体内にたまらないように

ドレナージュというマッサージのようなもの。

↓が病院で習ったものととても近いと思います。

動画では、右手が腫れたことを前提にしていますが、浮腫み防止として

毎日実施する予定です。

素手でするといいと言われています。

浮腫んだかな・・といった気づきになるからかなと自分なりに解釈しています

(次回の外来の際に聞いてみます)。

注:むくんでいる部分が熱をもっていたり、熱、けがや風邪をひいている場合は、ドレナージをお休みします。


上肢 セルフリンパドレナージ右

 

③術後テーピング

 手術による縫合部をきれいに直すためのテーピングです。

毎日取り換える必要はなく、2~3日に1回。

こちらに詳細の説明があります。テーピングの時期は3~6か月。

2.手術後の傷をきれいに治すために… | E-BeC(エンパワリング ブレストキャンサー)

テープはあらかじめ切って、テーブルの上に並べて

順にお腹、胸に張っていきます。

 

テーブルの上に並べる数・・

私の場合はお腹用16枚、胸用10枚 計26枚

(すみません、メモとして掲載させていただきました)。

 

①と③については、短時間にできるようにしたいのですが

②はじっくりと体の調子を見ながら行いたいですね。

 

折を見て、教室などにも行って

(病院で定期的に患者さんむけに教室を開催している)

自分流になりすぎないように気を付けたいと思います。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村