読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院に行くと新陳代謝が落ちる・・気がする・・

私は

新陳代謝を高め

リズミカルに物事を進めるのが

好きな方です。

このような時は、時間が経つのが案外と

長く感じるそうです。

午前中にテンポ良く仕事をいくつかこなした後に

時計を見ると

「まだ10時半?」などといった経験はありませんか。

 

その一方で

病院での待ち時間、先生との面談その他・・総じて

自分の新陳代謝が落ちているようにも思います。

患者さんにご年配の方が多いので

移動時もゆっくり・・というのもありますし。

先生と話す時に新陳代謝を上げて

呼吸を速めて話しても、話がかみ合わなくなるのは

分かっているし

(せっかちな患者さんと思われるのもなあ)・・・。

 

新陳代謝が落ちている時は、時間が早く過ぎるのですって。

確かに9:30からの診察が・・・うとうとしているうちに・・

あれ、10:30になっても呼ばれない・・など

1時間をあっという間に使ってしまいます。

 

新陳代謝が落ちているからか、書籍などを読んでも

集中できないのですよね。

集中しようという時は、構えが必要ですから(私の場合)。

 

実は私、新陳代謝が落ちている状態、

苦手なのです。

 

どうにか改善したいのですよね。

うまく病院で時間を使う方法を考えたいと思います。

 

来月から放射線なので

5週間、毎日病院に行きます

(時間のやりくりが大変~)。

ただし、こちらに関しては、短時間なので

新陳代謝が落ちる間もないかもしれません

(会社帰りにバタバタ行くことになりそう)。

 

新陳代謝と時間の感覚の関係は

以下の記事をご参考ください。

www.psych.or.jp

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村