読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんの治療と家の中のちらかりと・・

みなさまは

がんの治療中、家の中が通常よりちらかったり・・等は

ありましたか。

 

私の場合・・・

抗がん剤関係でウィッグその他を

不必要にまで買い(入院の時もモノを買った・・)

自分の部屋の中のモノは増えました。

 

台所には大きなジューサーが

テーブルの上を占有し、

最近は家族から「邪魔かも~」と文句が出ています

(さすがに購入した当初は

私も深刻な状況だったので、だれも何も言いませんでした)。

 

抗がん剤の時は

埃なども気になって(AC療法の時だったと

思います)

体力的に辛いながらも

自分の生活空間はいつもよりきれいにしていた

時期もあったように記憶しています。

 

ただ、往々にして

家の中はちらかる傾向に。

他の家族2人は片づけるというより

汚していくほうなので

こちらが掃除をやらなくなると

どんどん汚くなるという図式です

(家事って毎日ある程度こなさないと

大変なことになりますよね)。

 

で、このGWは負の連鎖を断ち切らねばと

思っていました(が、昨日は何もせず)。

 

気合いを入れての掃除は

何らかの起爆剤が必要ということで

本日は勝間和代さん著

「勝間式 超ロジカル家事」を読むことに。

 

そこで一番面白いなあと思ったのは

「平日は3時間、週末は丸一日家にいる日を1日つくる」と

いうこと。

家にいる時間が少ないと、家は汚れるようです。

私も本などもすぐ近くの

カフェの読みたいと思うタイプ・・・

(部屋、汚いし~)。

去年のとある時期

抗がん剤の頃だったと思います)、

こどもが資格試験の準備のため

集中したいからといって

貸勉強室(有料)を使っていましたが、

ほとんど家にいないので、片づけをせずに

こどもの部屋が汚れていきました。

むしろ、家の中をきれいにし

快適にすれば、貸勉強室など使わなくても

よかっただろうし(結構高額)、

何よりも自分の家がきれいというのは

心地よいものですよね。

 

と、結局今日は

本を読むのに時間を要し

片づけはさほど進みませんでした。

 

明日、明後日で

もう少し進めたいなと思っています。

取り急ぎ、不要なものを処分し、

その後は「まあまあきれいな状態」が

少ない労力で保てるような

方法を考えてみたいと思います。

 

本日ご紹介した本はこちらです↓。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村