なぜか消えない放射線の時のマーカー

放射線が終わったのが5月10日。

それから3週間、経つのですね。

 

しかし、どういう訳か

ペンで書いたマーカーがくっきり残っています。

 

放射線の間5週間は

薄くなり、何度も書き足したのに。

 

マーカーの部分をゴシゴシ洗うのは厳禁。

おそらく、放射線初期の頃は

無意識に洗っていたのでしょうね。

今は肌が敏感になっているので

(かさかさしています)

ゴシゴシ洗うことはありません。

 

さて、放射線の跡はどうなったか・・ですが

日焼け状態。小麦色になっています。

リンパのところは少し腫れているようす。

時間が経てば収まるのではないかと思っています。

 

再建跡のテーピング、

しばらくお休みしていますが

お腹の手術跡(継続してテープを貼っている)と比較すると

黒っぽい跡が残りそうな気配。

明日からはテーピングを再開する予定なので

改善されることを期待しています。

 

放射線の5週間は

不思議な期間でした。

毎日、時間を工面して通いましたし。

放射線の人たちからすると

私たちなんて5週間ほど毎日は来るものの

10分位の治療なので、

「ルーチン」(日常のこと)なんでしょうね。

 

私なんて

ウィッグはとらなくてはいけませんでしたが

帽子を被ることは死守していたので

(許可をもらいました)

治療時はいつも薄いコットンの帽子姿。

今思うと、タケモトピアノのダンサーみたいな

頭だったと思います。

 

それについて

(帽子を死守していること、

時々わざと私が帽子の先をとがらせていたことなど・・)

技師の方たちは「くすっ」とも笑わなかったので

プロフェッショナルだなあと思いました

(毎回着替える時、鏡を見て自分が笑っていました)。

 

今日の音楽はこちら。


Got to be real-Cheryl Lynn (Sex and the City)

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村