一体私は何を求めてる?

今日、とある会合に行き

まあまあ親しくしている女性と

エレベーターが一緒になり

なんか喋らないと・・と思った私が

発した言葉。

「暑いですよね~。

私なんて実はウィッグなんです。

暑くて死にそうです。

あっ去年乳がんになりまして。」

で、そうすると相手は

「えーっ。」という顔。

つづいて

「友人にも同じように頑張っている人いるから。

手術して5年、元気だから。」との言葉。

なんだか励ましてもらって

嬉しくなった私ではありましたが

 

どうしてこう

いろいろな人に

最近、乳がんだったことを

(過去形?完了形?現在完了進行形?)

ぺらぺら

言ってしまうのか・・・・。

私はもしや

「かまってちゃん」なのかしらと

少し考え込んでしまいました

(励ましてもらいたいのでしょう)。

 

いやもはや

乳がんサバイバーという

アイデンティティを人に知らせたいという・・・

・・・かまってちゃんなのでしょう。

乳がんサバイバーの定義はこちら。

keileex.hatenablog.com

 

かまってくれる人に

感謝しよう。。。

かまってほしいと思うのも

人の本能だし・・

(とはいえこの年になって

かまってちゃんと他から思われるのもつらいので

バランスには気を付けます)。

 

「だから何?」と

かまってもらえなくても

くじけない強靭さは身に着けよう

(夫方の叔母からの反応・・

私よりうんと深刻なサバイバーでした。。。。)。

 

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村