マイ子宮筋腫の整理と今後

子宮筋腫

乳がんが発覚する前から

治療したほうが良いと言われていました。

その時はブログを書いていませんでしたので、

最初(?)から今までの経緯を忘備録として記します。

 

2016年6月

 ・市の検診(乳がん、子宮頸がん)を受ける

 (乳がん発覚←しこりの自覚があったので、治療扱いに)

 ・子宮頸がんはないが、子宮筋腫がものすごく大きい

  (10cm超え?)ので、とったほうが良いと

  小さなクリニックより言われる

2016年7月

 ・中規模の病院に行く。超音波より

 「大きいけれどそれほど大きくはない」

 「閉経すれば小さくなる」

 よって手術は延期。

====乳がん治療開始=======

 

2017年3月

 ・タモキシフェン開始。

  リスクに子宮がんあり。

 「子宮筋腫、治療しても大丈夫ですよ」と

  腫瘍内科の先生からのコメント

  (奨めた・・というのではなく)

2017年7月

 ・放射線も終わりしばらく経ったこと

  お腹が大きくなってきたこともあり

  (筋腫が大きくなった?)

  中規模の病院へ再度行く。

  「筋腫が子宮口まで出てますよ!」

  「このまま放置するとくさります

  (くさるのがいけないというニュアンスでは

  ありませんでした)」

  「大学病院の紹介状を書いておきます」

2017年7月~8月

  ・大学病院で診察を受け、

   「子宮口まで出ている・放置するとくさる」と

   まったく同じコメントを受ける。

keileex.hatenablog.com

  ・腹部MRIをとる

keileex.hatenablog.com

 

そして本日が結果。

気になる子宮筋腫の大きさは5cm程度でした。

(子宮口にまで下がっていたのは画像にて確認)

そんなに大きくないようなニュアンスでした。

「今出血している訳でもないので、しばらく様子を見るというのも

ありです。」

「今だったら簡単な手術でとることができます。

 ただ、茎が太いんですよね。

 とった後、出血が止まらなくなり、

 子宮全体をとる・・ことになる場合もあります」

=====ここで選択を迫られます==========

私「でしたら手術します。

  今だったら小さいんですよね。

  今後、乳がんが再発したら、手術のタイミングを

  逃す可能性もあるので、比較的元気な今

  手術したいと思います。」

先生「わかりました。

  3日間の入院となります。」

私「ただ、出血が止まらなくなるというのが

  とても気になるのですが。」

先生「皆がそうなるのではなく、場合によっては

  ということです。」

 

そして手術の日も予約しました。

11月末です。

もしかしたら子宮をとることになるのか・・

それと乳がんの再発は関係あるのか・・

(子宮とホルモンって、関係深そうだし・・)

後になっていろいろと考えてしまいました。

 

今度、乳がんの先生(10月に診察予定)に会ったら

相談してみたいと思います。

 

しかし・・

お腹が大きくなったのって

筋腫じゃなかったんですね。

それにしても今日履いていた

ジーンズがきつくてきつくて

(最近体重が増えちゃって)

診察を待っている間、息苦しくなりました。

 

太るのって

服が着れなくなると嫌ですね。

という訳で、本日用に確保していた

「おはぎ」は近所にいる私の母に

食べてもらうことにしました。

今日明日は間食、控えます。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 

 


人気ブログランキング