再建した胸の様子の整理・・

先生「あ、本当に再建した側の胸、

大きくなってますね。」

私の再建胸の脂肪の由来は

お腹の脂肪です。

私「お腹の脂肪って

つきやすかったんです。

その時の性質がそのまま胸にきているんですよね」

先生「かもしれませんね。

あー写真でみると左右差がでちゃってますねー

(それほど深刻な差ではないが

手術側が大きくなっている)」

 

で、少しお腹の脂肪について

整理してみたいと思います

(ど素人が考えたことなので

読み流してください)。

 

手術前・・・

ドセタキセルで体重が増えていた頃・・

私「お腹の脂肪を胸にもっていくということですから

もっとお腹を太らせたほうがいいんですよね」

先生「いや・・でもそうすると、健側の胸も大きくなって

バランスをとるのにもっと脂肪が必要になりますよね」

私「筋肉つけるのってどうでしょう?」

先生「●●さんのは筋肉使いませんよ」

・・というわけで、よくわからないままに

手術となりました。

 

その結果・・思ったよりも脂肪がとれず

ドセタキセルで体重が増えていたのは

多分水分ですよね)、小さな胸が作られるという

悲しい結果に・・。

keileex.hatenablog.com

手術前はしっかり栄養をとり

お腹に脂肪を貯めておくべきだったと

悔やんだものです。

そしてその後も

胸が小さくなりました。。。

keileex.hatenablog.com

 

しかし今、お腹由来の私の脂肪は

胸の中で大きく成長している・・。

 

とふと昔聞いた話を思い出しました。

「太るときって脂肪細胞の数が増えるんじゃなくて

脂肪細胞が大きくなるんだよ」と

(ここが間違っていたらごめんなさい)。

 

となると手術の時の状況は

脂肪細胞が小さくなっていたということで

もし私がその時太っていようが痩せていようが

胸に移植される脂肪細胞の数は変わっていなかったのでは・・。

 

結論は

「再建の前にお腹を太らせなくてはいけないか」を

深刻に悩む必要はないのかもしれません

(お腹の脂肪のみを使った再建の場合です。

筋肉は使っていないそうです)。

 

ただ、手術の後、体重が3kgほど減ってしまったんですよね

(体力を使ったのだと思います)。

今は4kgほど復帰しましたが(苦笑)。

 

私の場合、次に控えている手術は

子宮筋腫をとる・・ですが

バランスの良い食事と睡眠、

スクワットを継続し

体力を温存して臨みたいと思います。

keileex.hatenablog.com

太もも発達中です(もともとたくましかった・・)。。。

 

おまけの情報です。

下腹部から脂肪をとったので

そこは脂肪が極めてつきづらい状況です

(ぺたんこ)。

でもお腹の上部は前の脂肪が残っているので

太るとお腹

下半分がぺちゃんこで上半分が

大きくなるという、少し変わった形になるそうです

(先生談)。

ということで、上半分のお腹、太らせないようにしないと。

 

この手の音楽

大好きです(ちょっと昔っぽい)。

モデルさん、絶対(きっと)豊胸してますよね。


Sweet - Fox On The Run

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング