搭乗時のセキュリティ対策で活躍した、私のバックアップウィグ

某外国に来ています。

日本では昼の時間なのですが、こちらでは

真夜中で、

眠れず、かつお腹もとっても空いている

状況です。

食べ物を持ってくるべきだったと反省。。。

 

さて、懸念材料であった

搭乗時のセキュリティ時のウィッグ・・・。

当初は部分ウィッグ

こんな感じのもの

←頭の部分が布)

+ニット帽で乗り切る予定でしたが・・

しかし・・・

 

家を出る直前に

「もしかしてニット帽を

取ってくださいと言われたら・・・」

ということがありありと想定され・・

公衆の面前で部分ウィッグというのも

絶対に避けたい!ということで

 

ピン(金具)を全く使っていない

リネアのウィッグを急遽

持っていくことに。

抗がん剤をすると決まった時点で

衝動買いしたもの。

髪の毛の色が明るすぎることで

(自分で選んだ色なのですが)

ほとんど使わずにいたものです。

 

かつ髪の毛がだいぶ生えている今は

小さすぎてしまっている・・というのも

あったのですが

そうも言ってはいられません。

 

取り急ぎ、それを被って

空港へと向かいました。

ウィッグ感バレバレですが

じろじろ見られても(見られませんでしたが)

「だから何?」で通そうと決心。

 

結論から言いますと、

日本でのセキュリティチェックは

無事通過。

金属を使っていないので

あたりまえといえばあたりまえなのですが

ウィッグをつけている怪しい人・・?

で髪を引っ張られる

こともありませんでした。 

 

きついウィッグは

頭痛の原因になるということも判明。

帰りの便では飛行機の中で

ウィッグを付けかえたいと思っています

(隣の席の人に怪しまれてもいいとします)。

 

しかし・・

持っててよかった!

ピン無しのウィッグ。

感謝しています。

 

朝食まであと3時間・・・

とても時間が長く感じられます。。。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング