彼らの言い分とお腹事情

先に

オランダは乳がん発生率が高い国と

書きましたが

その理由を探すのは結構大変でした。

ただ、50歳~75歳の女性は

乳がんスクリーニングを受けることに

なっているようで

(無料。義務かどうかは不明)

乳がん検出率が高い・・ようなことが

示されていました。

 

乳がん発生が低い国からの移民も

同レベルで乳がん発生をしているらしく

生活スタイルが原因なのか

スクリーニング精度が高いからなのかは

分からない状況です。

 

さてお腹事情。

外国でお腹の様子がすぐれないと

てきめん調子が悪くなりますよね。

便秘で苦しんだ旅・・というのも

過去にはありましたが

今回は大丈夫。

できるだけ日本で食べているようなものを

食している・・ということもあります。

ただ、昨日うっかりトルコ料理

ファストフードやさんに入ってしまい

(サブウェイの親戚だと思ってしまった)

うっかり大量のケバブが入った

ロールを食べることに。

普段から

肉系を大量に食べるととたんに

お腹の調子が悪くなるので

(腸内の菌叢が乱れる)

はらはらしましたが

今のところ順調です

(大量の飲み物により

排出成功)。

 

言葉がわからないところで

よくわからない食べ物を食するのは

冒険ですね。

食べ物に関心が低い私としては・・

バーガーキング

サブウェイ

マクドナルド

あたりをどうしても選んでしまいます・・。

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング