サバイバーの日常

2016年に乳がんになり、現在サバイブ中です。

手術当日&術後1日目(子宮・卵巣摘出です)

昨日、子宮・卵巣・卵管の

摘出手術を実施

乳がんの手術ではありません)。

麻酔がかかってから麻酔が切れるまで

約4時間の手術でした。

 

<手術当日>

12:00位から手術が実施され

全身麻酔なので手術の様子は

分からず・・・。

術後、16:00には意識はあったものの

ベッドでうつらうつらしていました。

食事はなし。

栄養剤と痛み止めの点滴が

とりつけられていました。

 

このようすでは

夜眠れないのでは・・と危惧し

睡眠導入剤も点滴の中に入れてもらいました。

 

その甲斐もあり、夜はしっかり

眠ることができました。

途中、看護師さんが血圧を測りに来られて

私の血圧が上が80を切っていたので

足を上げたり、その他血圧が上がるような

処置をされていたように

うつらうつら状態ですが覚えています。

 

<1日後>

朝、起きるも

痛み止めが効いているのか

すこぶる元気でした。

体を硬直させていたのか

手術には関係ない肩が痛かったり・・等が

ありました。

 

ここからは

「お腹の調子を元に戻す」のが

大事(という病院の方針?)ということで

院内をよく歩き、水分を十分に摂るようにとの

指示を受けました。

 

午後一で

ちょっとお腹の傷口が痛み出したので

予めいただいた痛み止めをもらいました。

 

そして術後1日目のお昼からは

もう重湯!

しっかり完食しました。

その後、トイレにも行くなど

お腹はしっかり動いています!

 

元気になったとはいえ

エネルギー不足で

パソコンを開こうかなと思ったのが

15時過ぎです。

忘れないうちにブログに記しておこうと

細かなことまで書かせていただいています。。。

 

比較するものではありませんが

前回の乳がんの手術

(右胸全摘、リンパ郭清、同時再建)の

術後の辛さを10(あれは辛かった~)とするならば

今回の子宮・卵巣・卵管全摘出は

1とも言えます。

乳がん手術の様子・・振り返りです。

keileex.hatenablog.com

術後翌日は

何も食べられなかったようです・・・。

 

尚、前回もしばらくお世話になった

尿管のチューブですが

今回も術後1日目の午前中まで装着していました。

その後のトイレなのですが

感覚が膀胱炎のよう・・。

出そうで出ない・・という

気持ち的に不具合が・・。

看護士さんに相談したら

よくあること・・とのことです

(菌に感染して膀胱炎になったのかとも思いましたので

一安心です)。

 

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング