サバイバーの日常

2016年に乳がんになり、現在サバイブ中です。

なんだか信用ならないけれど・・

抗がん剤中・・

私「ねえ、顔色悪くない?」

母「そんなことないよ、抗がん剤中でも

案外元気そうだよ。」

そして数か月後

母「あの時は顔色悪かったけれど

言うと悪いと思ったから。」

 

フルウィッグ中・・

私「なんかわざとらしくない?」

母「そんなことないよ。似合っている。」

そして数か月後

母「フルウィッグはとってつけたようだった。

言うと悪いと思って言わなかった。」

 

そして今日

母「顔が太ったね」

私「中年太りって感じでしょ。」

母「そんなことないよ。

痩せていたとき、げっそりしていて老けてたよ。」

なんか信頼ならない発言ですよね。

数か月後に、「あの時は」と言うだろうな。

 

さてさて

浮世絵がどうして欧州で広まったか

父から聞いた話(テレビで特集してたのかな?)。

もともとは陶器の包装紙として

浮世絵が使われたんですって。

そうしたらかえって浮世絵の方が人気になったらしく。

 

今度オリンピックがあるから

日本のものが「すごい」と思ってもらえる

機会ですよね。

案外と私たちの気が付かないものに

人気が出たり・・。

オリンピックシーズンは

観光客の多いエリアでの

包装紙は和紙にしたりするといいかも。

いろいろな場所の壁画は

若手アーティストの作品でうめるとか。

(つまらない/ありきたりな

提案ですみません)。

 

それから

話が飛んで申し訳ございませんが

クイーンの

フレディー・マーキュリーの

18歳の頃の動画だそうです。

若いし、はにかみ屋さんだった様子。

www.youtube.com

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村