サバイバーの日常

2016年に乳がんになり、現在サバイブ中です。

隣の人に話しかけます?

長い飛行機の旅。

席が隣になった人と

お話しますか?

 

私は・・

しません。

うんと若い頃は

人と知り合いになるのも

旅の楽しさと思っていたので

話かけるタイプだったと思います。

 

しかし、今は

まずしません。

理由は

・飛行機の中で眠りたい

・好きな映画を観たい

キンドル本を読みたい

などによります。

 

過去は

話しかけていたと書きましたが

にこやかに答えてくれる人もいたし

「ごめん、映画みたいので」

「何か用があるのであれば、CAさんに」などと

断られたこともあります。

 

また、話しかけるや

相手が

「ええっそんなことまで話す?」ほど

身の上話をしてくださることもありました。

 

昔は私も若く(あたりまえか)

身なりも今より良かった

(若かったということで)ので

相手も話してくれたということも

多少はあるかと思います

(今になって

世の中は若い女性に優しかったよなと

思うことあります)。

 

また、今は十分に年をとったので

「隣の人も飛行機の中で

ゆっくりしたいでしょう」などと

思ってしまう(配慮というほどでもありませんが)

部分もあります。

 

まあ、飛行機に限らず

入院中でも同室の人に

話しかけなかったな・・。

話しかけると

「話し相手になる」という

責任が伴うように思ってしまって。

また、皆乳がんの方々でしたが

それぞれステージが違いそうで・・

抗がん剤により帽子を被っていたのは

私だけでした)。

先生や看護婦さんとのお話で

大方分かるんですよね。

 

幸い(?)入院した病室では

皆、静かな方たち(患者さん同士で

話すことはなかった)で

話さないことによる「孤独感」は

ありませんでした。

 

まあ話しかけない孤独感も

自分の責任だと思っているので

今ではあまり気にしなくなりました

(ヘッドフォンで音楽聞いていればいいし・・)。。。

ちょっと寂しいですが

(お菓子のおすそ分けがないとか・・きっと)。

 

またバージンエアラインが

日本を就航していたころのAD

007のテーマの動画を作っているところと

同じなんだろうなあと思っていました(どうでしょうか?)


Official Virgin Atlantic Advert 2011 - HD 'Your airline's either got it or it hasn't'

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村