サバイバーの日常

2016年に乳がんになり、現在サバイブ中です。

甘く見ていた子宮・卵巣・卵管摘出手術

今日、会社の保健婦さんとの

面談があり

手術を受けたことを報告。

「1年以内に

大変な手術を2回も受けたのですね!」と

驚かれました。

 

一通りの治療が終わり

体力のあるうちに

子宮筋腫を治しておこうというのが

動機でした。

 

実のところ

先日受けた子宮・卵巣・卵管摘出手術

「腹腔鏡手術・子宮鏡下手術」

もっともっと簡単な手術だと思っていたのです。

はじめは日帰りだと思っていたのですが

全身麻酔するので前日からの

入院が必須です」といわれて

ぽかん・・としていました。

絶食があるなどと全く思っていませんでした。

 

 

たまたま

お世話になった病院が

「歩くこと」を奨励していて

思ったよりも元気で退院できましたが

(途中、排尿障害という

おまけの大トラブルが発生しましたが)

keileex.hatenablog.com

術後1週間経った今日も

まだお腹の痛みが残っていて

鎮痛剤のお世話になっています

(鎮痛剤が切れると、痛みを感じます)。

腸閉塞の話を聞くなど

思ったよりもずっと体に負担をかけてしまったなと

甘く見ていた自分を反省です。

 

弱ってしまい

免疫力が下がれば

がんが再発するかもしれないのです。

 

手術はしばらくは

お休みしたいと思った次第です

(手術が必要になる時が

しばらくきませんように)。

胸のお直しや、乳輪・乳頭の手術も

急がなくていいかなと思っています。

 

そういえば随分前に見た

リリーのすべて」という映画でも

次の手術は体力が十分回復した

1年後に・・・といった場面がありました

(映画では「性転換手術」でしたが)。

keileex.hatenablog.com

 

励みにしています。クリックいただければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング